社会保険労務士を目指す!

社会保険労務士を目指している方へ

社会保険労務士について

社会保険労務士について

社会保険労務士の仕事って具体的に知っていますか。

会社などで総務の仕事を経験した事のある人はわかると思います。

また土地を購入したり、家を建てたりといった時の登記などの手続きをしたりした時にお世話になった人もいるでしょう。

さらには起業する際に提出する書類の作成を委託した人もいるかもしれません。

このように、私たちは何らかの形で社会保険労務士と言われる人にお世話になっていると思います。

一番身近な事は、会社に勤めた際、労働保険や雇用保険といった社会保険に誰でも加入しますが、そういった手続きを代行してくれるのが社会保険労務士ということでしょう。

こういった手続きをしていないと勤め先で問題があったり、退職した時に困ることがありますし、厚生年金や国民年金などもそういった事務所が管理している関係上、私たちがやるにはわずらわしい手続き一切を請け負ってくれるといった仕事をしてくれます。

実際、その手続きは非常にわかりにくく、提出する書類も多いので自分がするにはとても面倒です。

具体的な仕事について

具体的に社会保険労務士はどんな仕事をしているのでしょう。

まず会社の総務の仕事にあたる、各社会保険の加入や手続きです。

私たちが職場でもし怪我をしたりした時には労働保険が役に立ちますし、万一退職とかになった時には雇用保険に加入していますから、働けなくなった場合には失業保険を受け取ることができます。

さらに、職場で資格、研修といった時に奨励金を申請できたりします。

こういったことを代行してくれるのが社会保険労務士ということです。

社会保険労務士の仕事をする為の資格

手続きには年1回必ず提出する書類があったり、各年金などは加入も受給も面倒な事が多いのが現状です。

その時の代行業務も請け負ってくれますから大きな会社では社会保険労務士が欠かせない存在といえます。

さらに労使関係においても相談にのってくれます。

例えば賃金と労働時間が納得できないとか、不当に解雇された場合の調停相談、そうならない為の防止、といったことまでを含めて面倒をみてくれるといったこともあります。

Comments are closed.

© 2015 社会保険労務士を目指す!